ファクタリング契約について

中小企業様向けの資金調達方法として話題のファクタリングですが、いったいどのようなものなのでしょうか。ここでは、ファクタリングの契約形態や契約方式等について解説しています。

ファクタリングは債権譲渡

ファクタリングは債権譲渡と訳されます。一般的には企業が保有する債権を譲渡して資金決済や資金調達を行う方法をいいます。債権とは売買代金や請負代金等の売掛金や診療報酬等の保険報酬をいいます。

ファクタリングの種類

債権を譲渡して資金決済や資金調達に利用するのがファクタリングですが、その種類は多彩です。ここでは代表的な3つのファクタリングを見てみましょう。

  • 売掛金ファクタリング

企業が保有する売掛金債権を譲渡するもので、ファクタリングプロがもっとも取り扱っている種類です。企業の売掛金をファクタリング会社が買い取り、買取代金を受け取ることで資金を調達します。ファクタリング会社は買い取った売掛金が決済されたときに契約が終了します。

  • 一括ファクタリング

買掛先が多い企業や手形決済が多い企業が買掛先の管理や手形発行コストを抑えるために取引先に対する支払いを一括してファクタリング会社に決済してもらう方法です。大手ゼネコンやメーカー等が100%出資の子会社を通じて取引先への買掛金支払いを行うケースが一般的です。取引先は手形ではなく現金で決済されるため、資金繰りが安定するメリットがあります。

  • 保証ファクタリング

売掛先への支払いをファクタリング会社に保証してもらう方法です。ファクタリング会社が審査の上で保証しているので企業与信力が高まります。取引先も万一の際にはファクタリング会社が支払ってくれるので安心して取引ができます。

 

ファクタリング方式

ファクタリングは大きく2つの方法がありますが、その違いを見てみましょう。

償還請求権付ファクタリング(リコースファクタリング)

リコースイメージ

譲渡された売掛金が決済日に決済されなかったときに利用者が買い戻す特約(償還請求権)が付いた契約方式です。本来、債権を譲り受けたときは債権に付随するリスクも引き受けることになりますが、リコースファクタリングはリスクを引き受けない特約があることで、貸付とみなされます。商売として貸付ができるのは銀行か貸金業のみと法律で定められていて、利用手数料は利息となります。利息は法律で100万円以上の元金の場合は年率15%と決まっています。リコースファクタリングは実質的には融資なので、審査内容なども融資に準じたものになります。万一の際に買い戻すだけの資金が無い場合は延滞となってしまいますので、利用する側の資金繰りに対する負担が大きい契約方式といえます。

 

完全買取ファクタリング(ノンリコースファクタリング)

ノンリコイメージ

譲渡された売掛金が決済されなかったときにファクタリング会社が全てのリスクを引き受ける契約方式です。ノンリコースファクタリングは融資ではなく債権の売買ですから、利息を払う必要がありません。ファクタリング会社は売掛金の額面から割り引いた金額で買い取り、決済日に入金された売掛金との差額を収入とします。ファクタリング会社がリスクを引き受けることもあって、リコースファクタリングよりも買取金額は低くなります。

リコースファクタリングとノンリコースファクタリングはリスクを誰が引き受けるかによって利用条件が大きく違ってくる点を覚えておきましょう。

 

2者間契約ファクタリングとは

インターネットでファクタリングについて調べていると2者間契約という言葉が頻繁に出てきます。2者間契約ファクタリングとはいったいどのようなものでしょうか。

ファクタリングは3者間が原則

債権を譲渡すると債権者が代わります。債権者が代わったことを債務者に知らせておかないと、債務者は旧債権者に支払ってしまうのでトラブルにつながります。

3者間イメージ

上図のように債権譲渡契約の存在を債務者である売掛先へ知らせることを3者間契約ファクタリングと呼んでいます。売掛先へ通知することでファクタリング会社は直接売掛先から入金をしてもらえるので、リスクが低くなります。

お客様の声から生まれた2者間契約

一方で、売掛先に通知すると「あの会社は経営が良くないのか」「売掛金にまで手を付けるほど困っているのか」という風評が立つことを嫌がる経営者様は少なくありません。そこで、ファクタリング会社の了解の下て売掛先への通知をせずに契約を成立させる方法が考えられました。

2者間イメージ

利用者である御社とファクタリング会社の弊社だけが債権譲渡契約の存在を知っている状態なので2者間契約ファクタリングと呼ばれています。ファクタリングプロでもご利用者の95%が2者間契約を希望されています。

2者間契約の場合は、売掛金が御社を経由してファクタリング会社に入金されるので、御社に対する審査のウエイトが高くなります。また、ファクタリング会社のリスクが増えるので利用手数料は高くなる傾向があります。

ファクタリングプロの「売掛金から前借り」は2者間契約に完全対応していますから、2者間でも手数料の上限が10.8%のままで売掛金の約9割を現金化できます。

電話番号

メール相談

最近人気の記事

  1. おかげさまで弊社には毎月たくさんの中小零細企業の社長さんや経理のご担当者さんからお問い合わせをいただ...
  2. もうすぐ3月ですね。 3月といえば決算です。国内企業の決算は3月が一番多いそうです。
  3. 今朝の産経ニュースに「金融取引装う「新型ヤミ金」が横行 標的は中小企業…警察・支援団体も対応本腰」と...
Scroll Up