東京・札幌でファクタリング・資金調達ならファクタリングプロ

ブログ

お問い合わせはこちら

運送業界の資金繰りについて

東京・北海道を中心に、全国エリアにて中小企業 経営者様をサポートしております、ファクタリングプロです。
ファクタリングプロでは、企業の事業資金調達について専門的な知識を持った担当者がゼロからサポートいたします。

支払サイトの関係で一時資金が必要な会社様や、税金・人件費等に宛てる為売掛金を一刻も早く現金化したい経営者様等、これまで様々なご相談をいただいております。
資金調達でお困りの方は、まずはファクタリングプロへお問い合わせください。お客様に合せた「オーダーメイドの資金調達方法」をご提案いたします。

運送会社の資金繰り

本日のブログでは、「運送会社の資金繰り」についてご紹介いたします。
運送業界のお客様からよくご相談をいただく内容のひとつに「ドライバー不足による人件費の上昇」がございます。
運送業界のお客様で資金繰りにお困りの方は、是非こちらのブログ記事をご覧ください。

運送業界にとっての問題点 その1

運送会社の資金繰りについて考える際に、まずは問題点について把握することが大切です。

問題点のその1が、景気が良くなり仕事が増えてきたにもかかわらず、運転をするドライバー不足に陥る事です。
取引先から急な仕事の依頼が入ると、その為の人員の確保が必要になってきます。その場合、取引先や、人材派遣会社などから日雇いのドライバーを確保することが多いと思いますが、その分、人件費が割高になることが多々ございます。
さらにその人員確保の費用が先払いで払われることはまずありません。
そのため、手元の資金が目減りし、資金繰りが悪化しやすくなります。

また、昨今の運送業界は慢性的な人材不足とドライバーの高齢化が懸念されており、40歳以上のドライバーが全体の8割近くと言われています。

運送会社が考慮すべき問題 その2

問題点の2つ目は、車両の故障や、事故のリスクです。
配送中の車両事故は、あらかじめの予測ができません。また、突発的な車両故障等も考えられます。

また車両は運送会社の要となる部分ですので、定期的な車検やメンテナンスは欠かせません。車検などの点検時に、予想よりも多額の修理費用がかかるケースもございます。

上記のようなリスクに備えることは勿論、事故や故障が起こった際に適切な対応を行う必要がございます。

資金繰りを考える際のポイント その3

3つ目は燃料の高騰です。車両を動かすためには、燃料が必須です。
燃料価格は日々変わる為、予想より低い場合は良いですが、予想以上にかかってしまうケースも考えられます。
燃料は必要経費となるため、大幅なコストダウンは難しい状態です。

 

資金繰りを改善するためのポイント

では資金繰りを改善させていくにはどうしたら良いのでしょうか?

はじめに、取引先の支払いサイトのバランスが良くなるように調整する努力が必要であると考えられます。
支払いのサイトが長い取引先ばかりであると、急な仕事が入った時やイレギュラーな出来事が起こった際に資金繰りが悪化しやすくなります。同じ取引先でも、取引金額や、仕事内容に応じて支払いサイトが長いものから短いものまであれば、バランスが良くなり資金繰りも立てやすくなると思います。
一度、取引先との仕事内容、支払いサイトを見直してみるのも良いと思います。

次に、固定費の削減をする努力が必要です。
固定費の見直しを行い、削減できるものは削減していきましょう。
運送業界で考えると、

などが挙げられます。

現在かかっているコストの見直しを行い、交渉できるものは交渉し、削減していきましょう。
又、場合によっては、取引先への支払いの延長交渉をしてみるのも良いと思います。
但し、今後の取引に影響を及ぼすことも考えられますので、交渉の際は良く吟味する必要があります。

最後は、金融機関への追加融資とリスケの依頼をすることですが、リスケの依頼にはデメリットもございます。
リスケを行うことで「債務が増え返済の負担が増加する」「今後融資を受けられなくなる可能性が高くなる」といったことが考えられます。
そのため、金融機関へのリスケ依頼は、最後の手段として考えるべきです。

売掛金を早期に現金化できる「ファクタリング」

上記のような突発的な資金不足の際、ファクタリングプロでは企業様の資金調達方法のひとつとして「ファクタリング」による調達をご提案しております。

「ファクタリング」は、売掛金を決済期日よりも早期に現金化できる方法となっております。また銀行の融資とは異なる「売掛金を現金化する資金調達方法」ですので、赤字決算や設立したての若い会社様でもご利用可能です。

ファクタリングプロでは、手数料が「売掛金額の1.0%〜10.0%」と決まっておりますので、請求書額面の約9割が現金化できます。
ファクタリングプロのMEDS JAPANは、運送業界に対しての豊富なファクタリング実績があります。運送業界のお客様で、資金調達にお困りの方はぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ
トップページ
  • ファクタリングとは?
  • 売掛金ファクタリング
  • メディカルファクタリング
  • リース
  • リースバック
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • ブログ
  • 会社案内
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

MEDS HOLDING

中小企業の資金調達方法として注目のファクタリング。その契約内容や手数料の計算、また良いファクタリング会社を見極めるポイントなどを掲載しております。

ファクタリングプロ

〒110-0015
東京都台東区東上野1丁目8番2号
オーイズミ東上野ビル東館 7F

03-3831-1883

お問い合わせはこちら

大きな地図はこちら

MEDS HOLDING
ビジサポ
MEDS CLN
クラポ
借り・暮らす
無料
メール
相談
ページ
TOPへ