blogs

売掛金担保融資とファクタリングの違いとは

最近、ファクタリングのお問い合わせをいただく際に「売掛金担保融資」と「ファクタリング」を混同しているお客様が多くなっています。
売掛金を利用して資金を調達するという点では同じですが、その中身は全くの別物です。
今回は、売掛金担保融資とファクタリングの違いについてお話しします。

売掛金担保融資とは何か

売掛金担保融資とは、その名称のとおり、売掛金を担保にしてお金を借りる契約です。ABLとも呼ばれています。
御社と売掛先の間で将来発生する予定の売掛金(将来債権といいます。)を担保として融資を受ける方法です。

「担保」という言葉のとおり、お金を借りて契約どおり支払っている間は売掛先や売掛金の取扱は通常通りに行います。担保として差し入れているので勝手に取り引きを止めたり、他に譲渡すると契約違反になります。
万一、御社が借りたお金の支払ができなくなった時は貸し手から売掛先へ債権譲渡が通知され、売掛金から回収されます。

商売でお金を貸すためには銀行か貸金業者の資格が必要ですから、売掛金担保融資は銀行か貸金業者だけが取り扱います。
利息についても法律で上限が決まっています。元金が100万円を超えるときは年率15%が上限になります。売掛金担保融資は、不動産担保融資よりも利率が高く設定されているケースが多いようで、おおむね8~15%となっています。

売掛金担保融資の審査は、不動産担保融資の審査とほぼ同じです。違いがあるのは担保となる売掛金に対する審査だけです。
不動産担保の場合は、担保となる不動産がいくらでどれくらいの期間で売れるのかということを調べます。一方、売掛金担保の場合は、売掛先の信用度のチェックが行われますし、売掛先と御社の取引状況も詳しくチェックされます。

一般的な売掛金担保融資の審査では、一定程度の継続した取引がある売掛先が複数社ないと審査が通らないようです。意外なのは、大企業1社との取引よりも中堅企業10社との取引の方が評価が高くなる傾向があると言われている点ですね。
また、売掛先の状態が良くても、御社が赤字決算だったり、売上が減少傾向にあったり、税金の滞納があったりすると審査に通りにくくなります。
現在は、売掛金担保融資に対して信用保証協会が保証を提供する制度もあります。

契約後は毎月の試算表や売上一覧表などを提出し、必要に応じて貸し手が御社に立ち入って検査を行います。これは売掛先との取引が正常に予定通り行われているかを確認するためです。

融資ですから、会計上は負債です。契約条件によって長期借入金か短期借入金に計上します。

ファクタリングとの違いはどこか

契約内容

売掛金担保融資が貸付の契約であるのに対し、ファクタリングは売掛金の譲渡契約という違いがあります。
融資契約は借りる金額、利率、分割支払回数や支払額を取り決めています。
一方、ファクタリングは売掛金の譲渡、つまり売買契約ですから、売買の対象となる売掛金、売買金額、売買代金の支払日を取り決めます。

支払い方法

融資契約では、支払いの方法を取り決めます。売掛金担保融資でも分割支払が可能ですから、毎月の支払額や支払日を決めます。支払うお金は借り手が用意します。
ファクタリングの債権譲渡契約における支払いは買い手が支払う売買代金のことだけ書かれています。
売却した売掛金の支払は売掛先が行うので、売り手が用意する必要はありません。
ただし、例外があります。償還請求権付ファクタリングの場合は、決済日に売掛先が支払わないときは売り手が売掛金を買い戻すことになるので買い戻すための資金が必要になります。
なお、2者間契約の場合は、売掛先からの入金をそっくりそのまま買い手に送金するだけなので、やはり支払いの資金を用意する必要はありません。

支払いができないとき

売掛金担保融資で支払いができなくなってしまうと、貸し手は担保に差し入れている売掛金から回収しようとします。具体的には、貸し手は売掛先へ債権が譲渡されたことを通知し、売掛金を直接貸し手に支払うように求めます。貸したお金(元金)と支払済みまでの利息を満たす金額になるまで取立ては行われます。

ファクタリングで売掛先が支払いできないときは、買い手が直接売掛先へ取り立てることになります。売掛先が倒産した場合は買い手が回収できないこともあります。
なお、2者間契約で売掛先からの入金を買い手に送金しない場合は、買い手から損害賠償請求を受けることになります。また、場合によっては横領や詐欺などの刑事事件として告発されることもあります。

登記のしかた

売掛金担保融資では、売掛先を指定して、契約期間内に発生する予定の売掛金(将来債権)を担保としたことを登記します。登記原因には「譲渡担保」として登記されます。

ファクタリングの場合は、既に請求書を発行して金額が確定している売掛金(既発生債権)ごとに登記します。登記原因は「債権譲渡」になります。
例外として、診療報酬などのファクタリングや保証ファクタリングの場合は、既発生債権と将来債権が混在する登記となります。

利息・手数料について

売掛金担保融資は利息を支払います。利息は100万円を超える元金のときは年率15%が上限です。
一方でファクタリングは売掛金額と売買代金の差額が買い手の収入になります。現在、ファクタリングの手数料に関する法的な制限はありません。

利息と手数料の違いを具体的な数字で比較してみましょう。

売掛金担保融資
融資金額500万円 年利率15% 元利均等返済 返済回数12回のケース
毎月支払額451,291円 総支払利息404,358円 支払総額5,404,358円
契約通り支払いを終えれば契約終了。

ファクタリング
売掛金額500万円 掛目89.2%のケース
売買金額446万円 手数料54万円 決済日に500万円を売掛先が支払えば決済終了。

契約の条件(融資の利率や売買の掛目)によってはファクタリングの方が負担する手数料が利息より安く済むこともあります。
また、上の例では融資が毎月45万円の支払いをするのに対し、ファクタリングは決済日に決済が済めば契約が終了します。

分割で支払うか、一括で決済するかの違いですが、資金繰りに大きく影響するのでどちらを選択するかの決め手にもなりますね。

売掛先への通知

売掛金担保融資の場合は、①売掛先への通知送付 ②売掛先からの承諾書取得 ③登記のみで通知はデフォルトまで保留の3つのパターンに分かれます。
ファクタリングも上記3パターンと同様ですが、3者間契約は①か②、2者間契約は③のみとなります。

譲渡禁止条項について

売掛金担保融資もファクタリングも売掛先との契約条項に債権の譲渡を禁止する条項があるときは取扱できません。
この場合は、売掛先に譲渡禁止条項の解除を依頼するか、書面で譲渡について承諾を得る必要があります。

どちらを選ぶべきか

負担する利息や手数料の安さなら融資に分があります。
支払いも融資なら分割返済ができますから、キャッシュフローに余裕がないときは融資を選ぶ方がいいですね。

ただし、融資の審査に通らないのであればファクタリングしか手はありません。
赤字決算が続いていたり、税金や社会保険料を滞納していたりすると融資の審査に通りにくくなります。
また、スポット取引がメインの場合は担保として評価されにくいので融資ではなくファクタリングを検討すべきです。

意外に見落としがちですが、資金の使い道によっても違ってきます。
設備投資のように長期間にわたって減価償却していくようなものへの資金は融資が向いています。
分割で支払いながら利息や減価償却で会計処理していけるので、負担が小さくて済みます。

一方、季節要因による資金不足や大口受注に対応するための一時的な資金調達ならファクタリングが向いています。
短期的な要因に長期返済の融資を使うのはイザというときに融資枠が足りない等の問題がありますし、翌月のやりくりに目途がつく状況なら一括で決済してしまう方がいいですよね。

まとめ

売掛金担保融資とファクタリングの違いを表にまとめてみます。

  売掛金担保融資 ファクタリング
契約形態 金銭消費貸借契約 債権譲渡契約
利息・手数料 利息 手数料
返済方法 分割可 一括のみ
売掛金 将来発生する予定のもの 既に発生しているもの
登記原因 譲渡担保 債権譲渡
取扱先 銀行・貸金業者 ファクタリング会社

関連記事

最近人気の記事

  1. おかげさまで弊社には毎月たくさんの中小零細企業の社長さんや経理のご担当者さんからお問い合わせをいただ...
  2. もうすぐ3月ですね。 3月といえば決算です。国内企業の決算は3月が一番多いそうです。
  3. 今朝の産経ニュースに「金融取引装う「新型ヤミ金」が横行 標的は中小企業…警察・支援団体も対応本腰」と...

かんたんにファクタリングを
お申込みいただけます。






翌営業日までに担当者からご連絡差し上げます。

Scroll Up